歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ

季節ごとの情報やイベント情報、自家生産野菜の生育状況など、知っているとちょっと歌瀬キャンプ場が楽しくなるような情報をUPしていきますo(*^ー゚)♪

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の山『尾鈴山』トレッキング

2009-11-17-Tue-14:21
先週の週末は、久々に休みを取り、宮崎に遊びに行きました♪
その目的は…

尾鈴山&滝めぐりトレッキング!

くーパパさんから、せっかく宮崎来るなら山登ろうよ♪と
私好みの山を見つけてくれました(´∀`)

今回はくーちゃんファミリーの他、mikaneeさんファミリーと3937さんファミリー、
そして、たまたま(?)宮崎に出張に来ていたまごやまさんをお誘いしてグループ登山!
となるはずでしたが、前日の大雨で女性陣は矢研滝トレッキングに変更。
男性陣だけで尾鈴山を目指します。

午前9時集合の予定が、宮崎時間で9時半集合に♪
集合場所の尾鈴キャンプ場から登山口まで車で上がり、午前10時にスタートです!
余裕の表情♪
登山口からは緩やかな林道を登ります。
楽勝♪楽勝♪(´∀`)
体を慣らすには丁度いいくらいです♪

と、15分くらい登ると標識発見!

←矢筈山登山口|駐車場→

あれ?尾鈴山って書いていないんですけど(^^;)
ネットで拾ってきた地図を確認すると…

登山口を間違えた~!Σ(゚Д゚;ナンテコッタ!

どうやら車で登ってきたときに行き過ぎたようです(^^;)

「ここから、引き返すのもな~」

「じゃあ、矢筈山に変更する?」

「そうしましょう!尾鈴山は無かったことにしましょう!」

「そうそう、尾鈴山はまぼろしだったんだ!」

「そうだ!都市伝説だったんだ!」

と気を取り直してトレッキング再開です(゚∇゚;)☆\(-_-;)オイオイ

前日に尾鈴山を登られた方のブログを拝見したところ、全行程は6時間程度。
私たちは登山口まで車で登ってきたので、その時点で1時間半は短縮されたかな?
しかも尾鈴山も無かったし、矢筈山へはショートカットっぽいからさらに短縮。
ゆっくり歩いても遅くとも午後3時には下山できるだろうと、この時は楽勝ムードでした…

林道の途中から、矢筈山登山道へ入ります。
こ、ここから?(^^;)
ここからは木に巻いてある赤いテープを頼りに登っていきます。
登りが続きます。。。
この坂は結構な坂道で、途中から私が先頭に立ち、
小学生のKくんのペースに合わせながら行っていたんですが、
だんだん後ろのほうのお父さんたちの口数が減っていきます。

私「早かったら言ってくださいね~♪」(´∀`)

お父さんたち「だ、大丈夫!」(`Д´;)(`Д´;)(`Д´;)

気づいたら汗だくのお父さんたち。
Kくんの手前、キツイと言えないお父さんたちです♪

3時間くらいかかって、矢筈山山頂に到着。
しかし、この山頂が三角点もないし、看板もアルミの板に
釘で文字を書いた手作り感たっぷりなものが木にぶら下げてあるだけ。
眺望も良くないし、広場も無いという達成感の無いところでした(^^;)シャシンモナイ

ということで、昼ごはんはもうちょっといいところで食べようと先に進むことに。
ところが、行けども行けどもいい場所どころかゆっくり座る場所もありません。
結局、1時間ほど歩いて杉林の中にちょっとした広場があったのでそこで昼食になりました。
お昼ごはんは杉林の中(^^;)
お湯はまとめて沸かせばいいのに、それぞれ沸かしました。
みんな、お湯を沸かすのが好きなんですね(´∀`)コレガヤリタイ
この時点で、午後2時。既に4時間かかっています(^^;)

お昼ごはんを食べたら、滝めぐりコース!
このトレッキングの一番の見所を目指します!
程なく行ったところに分岐があり案内板が…

『滝めぐりコース:キャンプ場駐車場まで約140分』

みんな目が点になりました(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )

時間的に5時間くらいで帰れるつもりが、既に4時間半経ったというのに
残りはまだまだ2時間以上もある!
隣にはスタート地点に戻る林道がありますが、
尾鈴山は無いし、矢筈山もたいしたことない!このままでは何も残らん!ということで
滝めぐりコースを強行です。

ところが、ここから先が急な下りのコース。
岩が多く、前日の雨で滑りやすくなっていて、Kくんには過酷なコースでした。
途中で心が折れ泣きべそをかいていましたが、
くーパパさんの「これを乗り切ったらPSPを買いに行こうな!」の一言で復活♪
程なく行くと白滝が見えました♪
絶景です…(ToT)カンドウ
この景色は絶景でしたね~(´∀`)
ここまでの下りは大変でしたが、ここまで来てよかったと本当に思いました。
でも、この先も同じような急な下りが続きます(^^;)

なんとか下りきり、川を渡るとトロッコ道に出ます。
落ちないように気をつけて~
ここからは安心だねと思った矢先、もうひとつ川が目の前に。

あれ?

橋が無いんですけど…(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )

対岸を見ると、橋の残骸が…

なんと、前日の大雨で橋が流されています!
目の前には増水した川…その下には立派な滝が…

「どうする?」

「戻るか?」

「いやいや、あの坂を上るのは無理です!しかも帰り着くのは何時になるかわからんし。」

「行くしかないね」

ということで、川を渡ることに。
まずはみんなでルート探し。
いろんなところから安全に渡れる場所を探します。
まずは私が渡り、くーパパさんと協力してKくんを渡します。
Kくんはひざ下まで濡れてしまいました。
後は自力で渡ります。
気をつけて~!
石も滑りやすくなっていましたが、なんとか無事に渡ることができました(´∀`)ヨカッタ

ここからは滝が次々と現れます♪
さぎりの滝
すだれの滝
他にも大小の滝がありますが、大雨で増水していてどの滝も見ごたえ十分!
いいハイキングコースですね(゚∀゚)

と、歩いていると小さな近道という矢印発見!
急がば回れと言うし、しかしできるだけ早く帰りたいし…
ということで、私とヒロさんが近道、他はトロッコ道に別れました。

私「よく考えたら、これってよくある遭難パターンじゃないですか?
  道を別れてそのまま会わなかったとか…」( ;゚Д゚)アワワ

ヒロさん「そうだね…。食料持ってる?」

私「ブラックサンダーならどっさりありますよ♪」(´∀`)ウマイッス!

ヒロさん「・・・・・」(-_- )

そんな会話をしていたら、すぐにトロッコ道に復活。
近道は本当に近道でした(゚∇゚;)☆\(-_-;)アタリマエ
トロッコ道が蛇行してくだっているのを、近道は直進するというもの。
多少急ですが、時間的には間違いなく早い。
その後にも近道が2箇所ほどあり、それはみんなで行きました♪

そうこうして午後5時にようやく下山。
無事下山!
結局7時間もかかりましたね(^^;)
午後5時半には辺りが真っ暗になりましたので、
もうちょっと遅かったら道が見えなかったでしょうね。
尾鈴山?ハイキングコースかな~(´∀`)ラクショウ♪くらいに考えていて
ヘッドライトなど置いてきてたので…(^^;)
尾鈴山コースを回っていたらもうちょっと時間がかかっていただろうし、
女性陣がいたら歩くペースも遅かっただろうし、
川が渡れないくらいだったらどうなっていたかなどと考えると
無事に帰ってこれてよかったと思います。

ここで教訓。

①朝はできるだけ早く出発すること

②必ずちゃんとした地図を準備すること。下調べも十分に。

③備えあれば憂いなし!ヘッドライトや食料、防寒着などはサボらず必ず携帯すること。

④大雨の後は増水や落石があることを想定しておくこと

⑤前日は飲みすぎないこと!(゚∇゚;)フツカヨイニキヲツケヨウ☆\(-_-;)オマエダケ

登山の後は、みんなで温泉に入って、女性陣と合流。
みんなで焼肉を食べに行きました♪
女性陣は心配しているかと思ったら、カラオケに行ったり
くー家でホームシアターを楽しんでいたとのこと。
私たちは心配して消防団とか呼んでるかも…( ;゚Д゚)ドウシヨウとか話していたんですけどね(^^;)

ま、なんだかんだ言っても超楽しかったです♪
橋が流されていたところとか、今思い出しても笑いがこみ上げてきます(゚∀゚)
たまにはこういうグループ登山も楽しいですね。
幻の山「尾鈴山」も見ていないし、リベンジがあるかもしれませんね~o(゚∀゚o)


ハプニングだらけのトレッキングだね(^^;)という人も
滝巡りもいいね~(゚∀゚)イッテミヨウカナという人も
↓ポチッと応援よろしくお願いします!
o(*^ー゚)♪ アリガトゥ!o(゚∀゚o) アリガトゥ!

COMMENT



2009-11-17-Tue-15:57
いやいや、心配しましたよ~。
5時過ぎたあたりからですけど。
5時には温泉も入って、帰ってくる頃だと思ってましたからね~。
さすがに遅いよね~と(^^;
だけど、5時半くらいにとりあえず電話が入ったので
無事が確認できて、安心してお待ちしておりました(^^)ユッタリマッタリ。
女性陣はほんとに行かなくてよかったぁ~(´∀`)

今思い出しても、楽しかったですね~。
ありがとうございましたぁ~^^
レポはこちらにリンクさせて頂きま~す。

2009-11-17-Tue-16:37
尾鈴山瀑布群は前から気になっていて、
白滝を見に、週末にでも欅谷のコースを
独りで行ってみようかなとも思っていましたが・・・
う~ん、橋も流されてるとなるとちょっと心配ですね。

お疲れ様でした。

2009-11-17-Tue-16:47
無事帰り着いてよかったですね。
危険が一杯で、面白かったでしょう。フフフ
最近、トレッキングにはまりましたね?
低い山でも、万全の注意を・・・。

2009-11-17-Tue-17:14
≫くーちゃんママさん

いろいろとお世話になりましたm(_ _)m
本当に楽しくてリフレッシュできました♪
リベンジはご一緒しましょうね~♪o(*^ー゚)

≫ぽんパパさん

白滝まではトロッコ道なので比較的歩きやすいですよ♪
でも、橋の復旧は時間がかかるかも。
もう少し水が引けば簡単に渡れると思います。
くれぐれも気をつけてくださいね(^^;)

≫おがたさん

危険という危険は川のところくらいで、復旧されればいいハイキングコースです。
急坂は大人であれば大丈夫♪体力は必要ですが。

はっきり言ってなめてましたね~。
みんな無事だったので笑い話ですみますけどね。
時間に余裕を持たせることと、予備知識を十分に入れておくことは大事だと反省しています(^^;)

2009-11-17-Tue-20:17
お世話になりました♪

お父さんたち「だ、大丈夫!」(`Д´;)(`Д´;)(`Д´;)

お父さん3人 笑(まごやまさん元気だし)

橋が無いんですけど…(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )

6名全員 爆

表現が細かいね~^^
私も思い出してニヤニヤしてます。
これに懲りずにまた宮崎に遊びにきてください。
あ、山歩は勉強します!ナメタライカン!

2009-11-17-Tue-20:53
教訓に一票!

いや~、ドキドキでした…。
顔は笑ってたけど、内心無事に帰れるのか、アセってました。
僕ももっと山歩勉強します…。

でもホント楽しかったですね!
僕も一人で思い出し笑いしてます。

次はぜひ「まぼろしの尾鈴」にリベンジですね!

2009-11-17-Tue-21:49
大変だったでしょうが、楽しまれたようですね。
いつか機会がありましたら、ご一緒したいです!

2009-11-17-Tue-22:28
修行・・・最高に楽しめました!
ありがとうございました(^_^)b

詳細レポ うんうんそうだ~って感じで
楽しく読ませて頂きましたよ~♪

帰宅後はロボット歩きに・・・(笑)
今度は尾鈴~滝巡り(8時間コース)でしょうか~

山歩 もっと勉強して鍛えます!
またヨロシクお願いします~(^^)/

2009-11-18-Wed-09:25
≫くーパパさん

まごやまさんは余裕でしたね♪これは年の差じゃないでしょう(゚∀゚)
全く懲りていませんのでまた遊びに行きますよ!
次回はカープのキャンプに併せてキャンプ張りましょうかね~♪

≫mikaneeヒロさん

私は、何の心配もしていませんでしたが…(゚∇゚;)イケルイケル☆\(-_-;)オイオイ
リベンジは石楠花がたくさんあったので花の時期がいいかもしれませんね(´∀`)

≫rinahiroさん

いろいろありましたがいい思い出です♪
熊本にもいい山はたくさんありますので、ぜひぜひご一緒しましょう!

≫3パパさん

修行・・・でしたね(^^;)
でも、九州百名山の本では2つ星でしたので初級~中級クラスでしょう。
このコースを6時間で歩けるくらいになりたいですね♪o(*^ー゚)トレーニングデス!

2009-11-19-Thu-21:29
教訓⑤ ドキッ! 

おつかれさまでした~(笑)

2009-11-20-Fri-09:16
≫golfbakaさん

教訓⑤が一番難しかったりするんですよね(^^;)
みんな集まるとお酒が進みますもんね~

ちょっと遅くなりましたが・・・

2009-11-21-Sat-12:39
≫ご一緒させていただいた皆さんへ

いやぁ~メチャクチャ楽しかったですねぇ~
同じく今でも思い出し笑いがでてしまうくらい最高でした!

いつもは家族だけなので、また誘って下さい。
今度は霧島縦走!っということで!!

2009-11-24-Tue-16:28
≫まごやまさん

霧島縦走はまごやまさんがガイドですね♪
扇山山小屋泊に、祖母山に、屋久島!
いろいろ行ってみたいですねo(゚∀゚o)ワクワク

コメントの投稿

HOME

ご訪問ありがとうございます!



ただいまの訪問者数

ブログランキングに参加中!

o(*^ー゚)♪ アリガトゥ! o(゚∀゚o) アリガトゥ!
↑一日一回ポチッと
 お願いしますm(_ _)m

mijinco