歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ

季節ごとの情報やイベント情報、自家生産野菜の生育状況など、知っているとちょっと歌瀬キャンプ場が楽しくなるような情報をUPしていきますo(*^ー゚)♪

キャンプのコツ~ダッチオーブンの選び方~

2015-07-02-Thu-13:53
キャンプをしていてダッチオーブンを使っている人を見ると
出来るなおぬし…(-_☆)キラーン!と思いますよね。
わざわざ風下に回って匂いを嗅いでみたりしますよね♪(゚∇゚;)☆\(-_-;)ソレハオマエダケ

何となくキャンプ上級者に見えるのがダッチオーブン。
そのダッチオーブンも現在はいろんな素材があって
どれを選んでいいか迷いますよね~
代表的なのは鋳鉄、鉄、ステンレスだと思いますが
すべてを使ってみた感想をあげてみます。

まずはステンレス製。
IMG_3178.jpg
なんといっても洗剤で洗えて、油も塗らなくていいのでお手入れ簡単!
・・・と思われがちですが、買った当時のピカピカを保つのは至難の業。
私は2回目でピカピカはあきらめました・・・orz
油がなじまない分焦げつきやすいです。
また熱伝導が鋳鉄などと比べて良くないので、
オーブン料理をするときは炭が余計にいりますし、
ローストチキンなどはサイドに熱が回りにくいですね。

メリットはカレーやおでんなどを作った後も入れっぱなしにしておけるところですね。
特に和食には鉄分が出にくいので向いていると思います。
煮込みが得意でオーブン料理もできるという感じですかね。
鋳鉄と比べると軽いです(でもそこそこ重い)


次は鉄製。
IMG_3179.jpg
鉄製はユニフレームが代表的ですね。
熱伝導もいいし、お手入れも洗剤を使えます。
(洗剤を使わずに油をなじませたほうがいいです。)
使い終わったら乾かして油を塗るのは必須ですね。
鋳鉄と比べると軽いです(でもそこそこ重い)

オーブンとして使うにはステンレスよりいいです。
突出している点は無いですが、普通に機能しています。


で、最後は鋳鉄製。
IMG_3077.jpg
鋳鉄を集めたらこれだけありました(^^;)

鋳鉄製のデメリットは・・・

①落とすと割れる。
②キンキンに熱したところに冷たい水を入れると割れる。
③手入れが大変
④重い

と言われますが、

①落とすと言っても鉄。コンクリートに高いところから落としたら割れるかも。
 そもそも割れたダッチオーブンを見たことがない。
②キンキンに熱したところに冷たい水を入れることがまず無い。
③育てると油の膜ができ、どんどん楽になる。お湯で洗って乾かせば終了。
④重さが美味しさの秘訣です♪

お手入れは大変なイメージがありますが、
油がなじんでくると焦げ付きも無くなり、
ブラックポットまで育てるとお湯でたわしを使って洗って乾かすだけ。
一番手入れが楽だと思います。

またローストチキンを同じ味付けで食べ比べしたことがありますが、
鋳鉄が一番美味しい!
熱伝導と蓄熱性、輻射熱による遠赤外線効果は鉄より優れていて、
それプラス蓋の重さによる圧力効果で美味しくなるんですね~


ということで私の中では鋳鉄のダッチオーブンが一番おすすめ。
味もお手入れも愛着も鋳鉄が一番です♪


鋳鉄が使いこなせるかどうか自信がない方は、
スキレットから始めるといいと思います。
スキレットはダッチオーブンより絶対出番が多いです。
ダッチオーブンほど重くないし、取り回しも簡単ですので
まずスキレットで練習してみるといいですよ♪o(*^ー゚)

と、いうことで♪

LODGEのスキレットを仕入れました~(゚∇゚;)☆\(-_-;)エイギョウカ!
IMG_6226.jpg
8インチ、9インチ、10.5インチです。

ロッジロジックというシーズニング済のスキレットですので
購入後はちょっと水洗いしたらすぐ使えます♪
IMG_6228.jpg
スキレットだけでもいいですが、リッド(蓋)があったほうが
料理のバリエーションが増えますね♪

スキレットを使ったレシピはこちら↓
http://camphack.nap-camp.com/camp-cooking/skillet_recipe/

私は8インチ、10.5インチ、12インチを使っています。
スキレットで作ると目玉焼きだけでも全然違います!
ぜひスキレットで美味しい料理を作ってください♪o(*^ー゚)


COMMENT



コメントの投稿

HOME

ご訪問ありがとうございます!



ただいまの訪問者数

ブログランキングに参加中!

o(*^ー゚)♪ アリガトゥ! o(゚∀゚o) アリガトゥ!
↑一日一回ポチッと
 お願いしますm(_ _)m

mijinco