歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ

季節ごとの情報やイベント情報、自家生産野菜の生育状況など、知っているとちょっと歌瀬キャンプ場が楽しくなるような情報をUPしていきますo(*^ー゚)♪

ヴィンテージダッチオーブンを買いました♪

2014-04-15-Tue-11:29
今週末はローストポーク教室。
締切りは今日の夕方までですよ~。
ということでダッチオーブンネタをひとつ。

歌瀬でレンタルしているダッチオーブンは、
SOTOのステンレス製とユニフレームの鉄製ですが
実際、私が使っているダッチオーブンはというと…
画像 298
スノーピークのぶんぶく32。
やっぱり鋳鉄が一番だと私は思います。

このぶんぶく、現在では価格がえらいことになっていますが、
両親が値段が安かった10年以上前に買って眠っていたのを
勝手に譲り受けました♪

で、このぶんぶくは大変いいダッチオーブンなんですが、
重さが15kgもあるし、妻と2人で使うには大きすぎます。

ということで、2人用のダッチオーブンを探すことにしました。

最初は「やっぱり日本製だろ!」と南部鉄器のダッチを探してて
岩鋳のマルチオーブンとか及源の天火などが候補にあがっていたんですが
よくよく調べていくと…

「戦前のダッチオーブンのほうが質がいい」という記述が。

そんな戦前のダッチオーブンなんかあるわけ…

と思ったら本場アメリカにはたくさんありましたΣ(゚Д゚;イッパイアルジャン!
西部開拓時代から戦前にかけては鋳鉄のスキレットやダッチオーブンが全盛の時期。
コレクターズアイテムとして根強い人気があるようです。

ということで、オークションでちゃちゃっと落として
海を渡ってやってきました!
画像 121
GRISWOLD TITE-TOP DUTCH OVEN #7 です♪
直径は23cm程度の小振りで丸っこいのが何ともかわいいです♪
画像 122
画像 123
鋳鉄のザラザラ感も無く表面はツルツル♪
質の良さが伺えます。

で、カッコイイのが本体の裏側!
画像 126
GRISWOLDのクロスマークがいい感じ。
で、下の方には「PAT'D MAR 16 20」とありますが、
これは特許を取ったのが1920年の3月16日ということ。

96年前に特許を取ったダッチオーブンなんです!

1920~50年代にかけて作られていて
このGRISWOLDの書体で年代が見分けられるんですが
この書体は1930~40年くらいのようです。
それでも75~85年くらい前ですからね。
ちなみにこの書体がイタリックの斜めになっているとさらに前。
これよりも小さいブロック書体だと後になるみたいです。

で、蓋の裏側にもマークとリングが。
画像 128
このリングは湯気からできた水滴を
素材にまんべんなく落とす効果があると推測します。
こちらの特許は1920年の2月10日です。

さらに中敷き(トリベット)も鋳鉄製♪
画像 125
中敷きもイカしてます。

実際届いたときは結構汚かったんですが、
ダッチオーブン自体を大釜で1時間煮て…
80年分の油をスチールウールでガリガリ…
文字のところに詰まった油はドライバーでカリカリ…
と完全にリセットしました。

これからまた私が育てていくと思うとワクワクしますね!
で、娘が嫁ぐときに譲ろうと思います(゚∇゚;)☆\(-_-;)ムスメイナイダロ!


これは愛着湧くよね~(´∀`)という人も
これを使いたいからダッチオーブンのイベントがあるんじゃ…Σ(゚Д゚;ハッ!という人も
↓ポチッと応援よろしくお願いします!
o(*^ー゚)♪ アリガトゥ!o(゚∀゚o) アリガトゥ!


COMMENT



コメントの投稿

HOME

ご訪問ありがとうございます!



ただいまの訪問者数

ブログランキングに参加中!

o(*^ー゚)♪ アリガトゥ! o(゚∀゚o) アリガトゥ!
↑一日一回ポチッと
 お願いしますm(_ _)m

mijinco