歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ

季節ごとの情報やイベント情報、自家生産野菜の生育状況など、知っているとちょっと歌瀬キャンプ場が楽しくなるような情報をUPしていきますo(*^ー゚)♪

もうすぐお彼岸ですね♪

2006-09-21-Thu-18:44
歌瀬にもこんな花が咲き始めました。
ヒガンバナです♪
ヒガンバナ(彼岸花)です。
ちょうどお彼岸の時期に咲くからこの名前がついたのでしょう。

ヒガンバナの別名はマンジュシャゲ(曼珠沙華)やシビトバナ(死人花)、
ユウレイバナ(幽霊花)などたくさんあります。
マンジュシャゲは「天上の花」という意味があり、おめでたい事が起こる兆しに、
赤い花が天からふってくるという仏教の経典によるものだそうです。
シビトバナやユウレイバナという不吉な名前は、お墓の側に咲くためとか、
毒があるから子供が触らないようするためという説もあるそうです。

ヒガンバナの毒はリコリンというもので、鱗茎(地下茎)に多く含まれますが、
水にさらして毒抜きをすることによって食用にもなるそうです。
でも食べるにはちょっと勇気がいりますね(^^;)

そんなヒガンバナをよく見てみると、あることに気付きます。

葉っぱが無い!Σ(゚Д゚;エーッ!

「ヒガンバナの葉っぱはどこにあるんだろう?」

ヒガンバナは、花の咲くころには葉を出さず、花が咲き終わると芽を出します。
なぜ、この時期に葉を出すのかというと…

「競争相手がいなくなるから!」です。

秋~春まで、やわらかい日の光をゆっくり浴びて栄養を鱗茎(地下茎)に蓄え、
他の雑草が生える春~秋は地下で眠っています。
そしてお彼岸の時期になると、短期間で勢いよく芽を出し、
きれいな花を咲かせるというわけです!(゚∀゚)カシコイネェ

長い間かけて生存競争に打ち勝つ手段を身に着けたと思うと
真っ赤な花がより鮮やかに見えてきますね(*^^*)


彼岸花を見ると秋だなぁ~キャンプの季節だなぁ~と思う人も、
お墓参りにいかなきゃo(゚∀゚o)という人も
↓ポチッと応援よろしくお願いします!
o(*^ー゚)♪ アリガトゥ!o(゚∀゚o) アリガトゥ!


COMMENT



コメントの投稿

HOME

ご訪問ありがとうございます!



ただいまの訪問者数

ブログランキングに参加中!

o(*^ー゚)♪ アリガトゥ! o(゚∀゚o) アリガトゥ!
↑一日一回ポチッと
 お願いしますm(_ _)m

mijinco